英会話スクールで効率的に英語知識のアウトプットを行なおう!

女の人

日本語に関する資格

女性

日本人の多くは、自分はしっかりと正しい日本語が話せると考えていると言われています。しかし実際の所は正しい日本語が話せない人はたくさんいるというのが現状なのです。その原因は、日本語という言語の多様性にあるかと思われます。どういうことなのかというと、日本語というのは話す人によって色々な形に変化するということです。例えば、親しい知人同士であれば主語を抜いて日本語で話してもある程度通じる場合が多いですし、親しい知人以外にも通じることがほとんどです。そのため、主語が抜けた日本語を正しい日本語だと認識して誤った使い方をしている日本人が多いのです。
誤った日本語を使用していても日常生活にあまり支障をきたさないので問題は特にありませんが、日本語を教える教師という立場につくのであれば話は別です。教師として日本語を教えるのであれば間違った言葉を教えるのは避けるべきことなのです。そのため日本語を外国人などに教える立場の教師になるための資格として、日本語教育能力検定というものも存在するのです。
日本語教育能力検定は国が定める国家試験ではありませんが、教師になるのであれば取得しておくのが賢い選択でしょう。資格を取っておくことによって就職にも有利になりますし、自分がどれくらい正しい日本語を把握しているのかという基準を把握できることにも繋がるのです。日本語を教える教師を目指しているという方は、一度日本語教育能力検定の取得を考えてみてはいかがでしょうか。